意外かも知れませんが、お歳暮は中国の道教が起源だとも言われています。

道教の行事として、三元ということがあり、旧暦の1月15日が上元、7月15日が中元、10月15日が下元で、それぞれを司る神様がおり、その神様の誕生日としてお祝いし、お供え物をするという習慣があったとされています。


このお供え物をするという中国の習慣が、日本にすでにあったお盆の盆礼という風習と結びついて、お中元になったということなのです。


その結果、日本で行われていた新年に神様にお供えする物を、歳の暮れに本家や家元にお届けする行事と結びついて、今日のお歳暮となったされています。


という謂れですから、たかがお歳暮とは言いながら、守らなければならないマナーもあるというわけです。



当然のことながら、目上の人、お世話になった人に贈るということになりますが、新年に向けて神様にお供えするとことからすると、その準備ということも考えて、12月の初旬から中旬の間に持参してお届けするということになります。



また品物は、日持ちがするものでなければならないということにもなります。

最近では謂れや新年に神様へのお供え物ということから離れていることも多く、生ものなどや珍しいものを宅配便で送るということも多いのですが、その場合は、あらかじめはがきなどでお届けする日などをお知らせしながら、常日頃の感謝の言葉やお礼の言葉を書き記すことが大切になります。



送りっぱなしは失礼になるということも忘れないことです。