お歳暮で送る物に迷ったときに、相手が気心の知れた仲であれば商品券にして好きな物を買えるようにしても良いでしょう。

失礼であるとする見方もありますが、仕来りに厳格な人でなければ好みではない物や他の人からも同じ物を貰ってしまうよりも、自由に使える商品券の方が喜ばれます。



お歳暮用の商品としてタオルがありますが、これは好みが分かれるので相手を選びます。



また、何枚も必要な物でもなく、他の人からも受け取ると使うこともなく仕舞われたままになることも少なくないので、送るとしても1回だけにして毎年送り続けるのは相手からの要望がない限り避けた方が良いです。
なお、贈答用の高級なタオルは実際には吸水性が悪く、使い勝手が良くない物が多いことが好まれない要因になっていることを知っておきましょう。

ハムやビール、お菓子などがお歳暮としては定番の商品になっています。


迷ったときはこれらを選ぶのが無難ですが、アルコールが飲めない人にビールを送ってしまうと受け取った側は困ってしまうので、相手の好みは知っておきましょう。

また、お菓子を送る場合、消費期限の短い生菓子よりも期限の長い物を選んだ方が良いです。

金額の相場としては3000円から5000円程度にすることが多いです。



厚意で喜ばせようとして相場を超える物を送ってしまうと、相手側に次回から高い物を送らなければならないと気を遣わせてしまうことになるので、高ければ良いというものではありません。