年末のご挨拶であるお歳暮は、元々は年始事始めにあたる12月13日頃から贈るのが習わしでしたが、最近では11月の終わりから12月20頃までにお届けするのが一般的になっています。

手配が遅れてしまってこの期間に贈れない場合は、お正月の松の内(1月6日)の間に、お年賀としてお届けすることもあります。
熨斗紙は、蝶結びのものを使用します。上書きに「お歳暮」と書き、名前は水引の下の部分にフルネームで書きます。元々は、事前に相手のご都合を伺った上で直接持参する方法を採っていましたが、最近ではお互いの都合もあるため、デパートから配送したり、宅配便などを利用してお届けするのが一般的になっています。



知人や親せきなどでは、電話で送ったことを知らせても構わないのですが、目上の方などには品物とは別に手紙を送り届けるか、品物と同封してもらう形で送り状をお届けするのがマナーです。



お歳暮は、普段お世話になっていることへの御礼の気持ちを表すものですので、先方または当方、あるいは両方ともが喪中の場合でも贈るのが一般的です。



しかし、どうしても気になる場合は、まず先方に話をした上で、寒中見舞いという形で贈っても構いません。
お歳暮の品物を選ぶ際には、自分の好みで選ぶのではなく、相手の好みや家族構成、年代などを考慮した上で喜んで頂けるものを選ぶようにした方が良いです。

せっかくの行為も、相手の好みを無視したものを贈っては、うまく伝わらないこともあります。