何を送れば良いのか迷うお歳暮ですが、ハムやビールなどは万人受けする定番商品とされているので無難です。

しかし、定番商品でも好まない人もいるので、全ての人に同じものを送るのは適切ではありません。

例えばハムは嫌いな人が少なく、高級感があり、手軽に使える加工品で便利ですが、塩分の高い食材でもあるので高血圧などで減塩している人は受け取っても扱いに困ります。



ビールもアルコールが苦手な人は飲めません。

そのため、相手の好みを把握しておくことが重要になります。

お歳暮は同じ時期に様々な人から受け取ることがあるので、使うときのことも考えます。



消費期限の短い食材を送ってしまうと期限が切れてしまう恐れがあるので、保存できるものの方が喜ばれます。

また、家族の人数が多ければ良いのですが、1人暮らしだと量の多いものを送ると開封した後に保存の手間がかかってしまうので、少しずつ消費できる個包装になっているものの方が良いです。小さい子供がいる家庭に送る場合にはアレルギーに配慮します。
どの食材にアレルギーがあるか把握するのは困難であるため、成分が明記されており、誤って子供に食べさせてしまうことを避けられるものにします。


相手の好みが分からず、選べない場合には好きなものを買えるように商品券でも良いでしょう。



ただし、これをお歳暮とするのは相手に対してお金に困っている印象を持っていると思わせてしまうので失礼とされており、目上の人には送らないようにします。