プレゼントは、誰にとっても嬉しいものです。

日本においても古くから、お世話になっている人に贈り物をする習慣があり、人間関係の円滑化に貢献してきました。
年中行事としては夏のお中元と並び、年末に行われるお歳暮は、今なお一般的です。



感謝を伝える機会としてはこの上ない機会ですので、怠るべきではありません。



本来ならば直接出向いて贈り物と届けるのが最善です。
とはいえ、年末はお互いなにかと忙しい時期ですし、先方が遠隔地にいることもあるでしょう。

そのため、現在では配達によるお歳暮ギフトが主流です。

送る時期としては、地域差はあるとはいえ、12月の中旬から大晦日までとされています。

ただ、年も押し迫って贈り物をするのも失礼になりかねませんので、20日前後に合わせたほうが無難です。

感謝の気持ちを伝えるものである以上、相手の好みに合わせるのは当然といえます。

事前にそれとなく好物などを聞いておけば、先方の気分を損ねることもありません。



また、家族構成を考慮することも大切です。

独居世帯に大型ギフトを贈ると、処分にも困ってしまいます。

よく分からない場合は、好きなものを選択できるカタログギフトを採用するのも有用です。


お歳暮の金額は、3000円から5000円程度が最適とされています。少ないようにも見えますが、贈り物は値段以上の価値を感じさせる便利な存在です。


年末にはきちんとお歳暮を贈って、自分なりの誠意を伝えていきましょう。