お歳暮というのは頻繁に会っていて、いつもお世話になっている人に贈る他、遠方に住んでいてなかなか会えないけれどお世話になっているという人に贈るのも良いです。

会えなくてもよく電話をしてくれたり、いざという時に頼りになるような人はお歳暮で贈ることでいつまでもつなげていきたい人だということを伝えることもできるものです。



また、遠方に住んでいる人であれば、こちらの特産品というのを贈るのも良いです。


特産品というのは離れれば離れるほど手に入りにくいものも多いので、お歳暮として贈ることで喜ばれることもあるものです。
ですが、特産品であったり、普通のお店に売っているようなものをお歳暮として贈るのであれば、ちゃんとお歳暮であるということをわかるようにして贈るということが大事です。そうでないと受け取った人も普通の贈り物だと思ってしまうこともあるものです。のしをつけたり、時期を考えたりして受け取った相手が分かるようにもしておくと親切でしょう。



また、それほど親しくないような人であればあまり高級なものよりも、程々の値段のほうが気も遣わずに良いということもあるものです。



普段会えない人であれば何が好きで何が嫌いなのかもわからないことも多いので、迷うのであれば日用品など食品以外のものを贈るようにすると良いです。


日用品は賞味期限がないですし、日常生活で必要なものなので、実用性も高いということで喜ばれることも多いでしょう。