結婚は若い二人だけの愛の確認のように思いますが、結婚してしまいますとそれ以外にも人間関係が増えることを意味します。

自分で意識しようがしまいが関係なく新しい親戚ができることです。



そのようなときに悩みの種になるのがお歳暮やお中元です。

親戚関係があるだけに対応を間違えますと自分だけではなく夫との関係が悪くなることもありますし、実家の評判にも影響することがあります。

ですから、基本を押さえることが大切です。基本的にお歳暮やお中元に対する考え方が都会と地方では違うのが当たり前です。

仮に、夫が地方出身で妻が首都圏のサラリーマンの家庭出身ですと、その違いに驚くことになるかの性があります。



地方の人はごく自然にお中元やお歳暮を贈る習慣がありますので悪意があるわけではなく贈ってきます。
お中元やお歳暮は感謝の気持ちを伝えるとともに「挨拶」の意味合いもありますが、家計的には負担であるのは間違いのないところです。
そのような場合、妻が考えるべきことは「非礼に当たらない方法」で「やめる」もしくは「減らす」ことです。

具体的には、義母に相談するのが一番良い方法です。一般に男の人というのは親戚づきあいというのに鈍感な部分がありますから義母に相談して正直な気持ちと適切な対応方法を聞くのが基本です。

義母にしましても、相談されること自体がうれしいものですので最適な方法を教えてくれるはずです。



たかがお歳暮・お中元ですが、妻という立場から考えますと結婚の将来を決める大事な要素になるということを認識することが重要です。