最近ではお歳暮のバリエーションも選びきれないほど豊富で、目移りしてしまいます。

お歳暮はもともと新年の暮らしの足しになるような、昆布やスルメ、数の子などの食品が贈られてきました。

中身の品質のみならず、パッケージも豪華で、食品を贈るにしても見た目も派手で良いものを贈りたいと考える人も多いでしょう。



実際、相手は何をもらって嬉しいのでしょうか。



調べてみますと、やはりお歳暮と言ったら昔から食品が定番です。

とは言っても現代では昆布やスルメよりも、ハムやソーセージ、ビールなどが喜ばれるようです。

ハムやソーセージは大手食肉メーカーが毎年お歳暮用に高級ハムを発売しています。

次に喜ばれるのが商品券。

多くの店舗で使える商品券がおすすめです。

しかし商品券は、現金に近いものがあるため、年配の方、上司などの目上の方は若い人から贈られるとあまりいい顔をしない場合もあります。

先方が好きなものを手に入れられる贈り物が良いのなら、カタログギフトを贈ると良いでしょう。冬の味覚が揃っていますので、お歳暮にぴったりです。
値段も細かく分かれていますので、予算に合わせることも可能です。



相手が何を喜ぶかを考えて贈るものを選びましょう。

しばらく会っていない人には、その人のことを思い浮かべながら選ぶと良いでしょう。

贈る時期は11月下旬から12月20日頃まで。

年末の挨拶もかねて直接行くのも良いでしょう。

その時は必ず先方と約束してから訪ねます。